採用情報

  1. ホーム
  2. 採用情報
  3. 先輩社員の声-品質管理

先輩社員の声

品質管理

春日井工場 品質管理室 佐藤 俊介

会社全体の信用にも大きくかかわる品質管理業務に日々やりがいを感じます

春日井工場 品質管理室
佐藤 俊介(2012年入社)
愛知工業大学 工学部 機械学科
これが私の仕事
信用の要(かなめ)となる製品の品質管理業務

私の所属する品質管理室では、名前のとおり製品の「品質管理」に関する業務を担当しています。

主な業務は、製品の原料粉管理や工場内のより良い生産環境作りに取り組んでいます。また、社内や社外で製品の不具合が発見された場合は、製品の流動のストップ→不具合対象範囲の調査→(社外ならば代用品の準備→)不具合発生原因の調査・対策検討→調査報告・対策の標準化という手順で対応します。
特に、不具合発生原因の調査・対策検討は、以後同じ不具合を出さないためにも重要な業務であるため、妥協は許されません。ここを怠ると、製品全体の品質低下や取引先への信用低下に繋がるため、会社の存続にもかかわります。そのため、品質管理室はとても重要な部署です。

一番うれしかったエピソード
責任が重大であるため、やりがいのある職場

責任が重大であるため、やりがいのある職場

私まだ品質管理室に配属されてから間もない新入社員ですが、原料粉の材質履歴書の管理、取引会社とのメールのやり取り、不具合発生の原因調査や対策書作成など、責任ある仕事に就いていることを誇りに思っています。

不具合発生原因の調査はまだ先輩社員に補助されつつやっていますが、社内の全部署、社外の担当者など多くの人と直接関わる仕事なので、人脈を広げやすい点が魅力だと思います。 今はまだ修行中で任せられている仕事は限られていますが、先輩社員の仕事の仕方を見て、1人でも一通りの工程検査ができるように早くなりたいと思います。

現在の業務を続けていけば、1人で客先へ出張に行く機会や、客先と一緒に仕事をする機会もあるので、気を引き締めて頑張っています。

私がこの会社を選んだ理由
粉末冶金という珍しい製法に興味が湧いたから

私は就職活動中、自動車関連メーカーの説明会に参加しており、当社には学内求人を通して出会いました。
最初は粉末冶金に深い関心はありませんでしたが、説明会で先輩社員の話を通じて精密成形ができるところや原料粉の配合比率を変えることで様々な特性を持たせられるというところに粉末冶金の奥深さを知り、応用の幅が広いことから興味が湧きました。

実際面接を受けてみると、一次・二次ともに面接官との話が盛り上がり、緊張もせず素のままに話せたことから自分と波長が合うと感じた点も当社に魅力を感じた点です。
また、入社試験の人事担当が親切で印象が良かった点や借り上げ社宅制度・長期休暇をはじめとする福利厚生が充実している点も当社に興味を感じた点です。

先輩からみなさんへメッセージ

就職活動は自分の人生を大きく左右する一大イベントであるため、念入りに準備してから挑んでください。

面接がうまくいかない時は逐一面接内容の振り返りをすることが大事です。
面接は実践を繰り返すごとに慣れて落ち着いて挑めるため、たくさんの説明会に参加してください。
たとえ面接官に答えにくい質問をされても、焦らず落ち着いて対応すれば大丈夫です。
面接は面接官があなたを評価するだけでなく、あなたが企業を見定める場でもあるので、頑張ってください。

これまでのキャリア
2012年4月 入社、座学研修、工場実習
2012年7月 春日井工場 品質管理室、現在に至る
精度の徹底的追求を経て製品ができるまで
金属粉の混合・成形・焼結など、主な製造の流れをご紹介します。

こんなところにもファインシンターの技術!

知りたい!粉末冶金製品

生活のあらゆるところで粉末冶金製品が使われています。

油圧機器製品

採用情報

ファインシンターは、
「粉末冶金におけるリーディングカンパニー」としてグローバル競争に勝ち抜くために魅力的な人材を探しています。

粉末冶金を学ぶ
粉末冶金講座

展示会情報