新幹線のブレーキライニング

新幹線を安全に止めるためのブレーキ部品です。通常は駅ホームの停車線に止めるときに使われますが、非常時には時速200km以上でブレーキがかかります。1,000℃以上の高温に耐えつつ車輪を傷つけずに、かつ摩擦力を保つことのできる特別な材料を使っています。