焼結工程

主原料の融点以下で、加熱する工程。成形工程で固めた状態は、一見完成品のように見えますが、簡単に割れてしまうほどの強度しかありません。そこで焼結工程で加熱し、粉と粉を結び付けることで、製品に求められる強度になります。