製品情報[粉末冶金]

  1. ホーム
  2. 製品情報
  3. 鉄道車両用部品 - 鉄道車両用部品のご案内

鉄道車両用部品のご案内

粉末冶金の特徴を発揮した複合材料製品で優れた摩擦摺動特性を生かして、新幹線用ブレーキライニング、パンタグラフに取り付けられる集電用すり板を生産しています。

日本が誇る新幹線にも!鉄道車両に活用されるファインシンターの技術

ファインシンターの技術動画 (鉄道車両編)

集電用部品

カーボン系すり板

カーボン系すり板

ファインシンター製カーボン系すり板は、C/Cコンポジット素材に金属を含浸させた材料です。
素材に炭素繊維を使用し、強度向上を図り、カーボン系すり板自体にタップ加工を行い、パンタグラフ舟体にボルトで締結することが可能となります。
カーボン系すり板製品の中で、ボルト締結できる製品は、ファインシンター製のみとなります。

C/Cコンポジット素材

カーボン系すり板の特徴
  • 軽量(密度が低い)
    • パンタグラフのトロリ線への追従性がよくなり、離線が少なくなります。
  • 曲げ強さ及び衝撃値が高い
    • 素材にカーボンファイバーを使用しているため、強度が向上しており、使用中すり版の欠損などを防止することができます。
    • カーボン材にタップ加工を行い、ボルトで締結できますので、現用の舟体を変更する必要がありません。
  • 耐アーク性が高い
    • 焼結合金製すり板に比較し、耐アーク性が良好であり、すり板しゅう動面は滑らかな状態が維持できます。
焼結すり板

焼結すり板

すり板は、粉末治金の応用製品の中で代表的な複合材料です。
当社が設立当初(1947年)より着目した製品で、従来のすり板の持つ各種欠陥を解消したものとして、1951年から日本国有鉄道に採用されて今日にいたっております。

焼結すり板の特徴
  • すり板・トロリ線双方の摩耗が少ないので、保守が簡易で経済的であります。なお、長期間の使用によって、すり板・トロリ線双方の摩耗が減少する傾向にあります。
  • 固有抵抗および接触電気抵抗が低いので、電力損失が少なくなります。
  • 集電時の温度上昇が低いので、架線の集電点における過熱および断線の危険がありません。
  • 粉末治金の特徴をいかし、耐摩耗性・耐アーク性および潤滑性を発揮する構造となっております。
  • 新幹線においても、高速摺動・アークに耐え、すぐれた特性を十分発揮しております。

耐摩耗製品

ブレーキライニング

摩擦材料は、ブレーキライニング材、クラッチフェーシング材などとして航空機・鉄道車両・4輪車及び2輪車に使用されており、従来の摩擦材料では得られない全天候型の高負荷用材料として、優れた性能を発揮しております。

摩擦材料の特徴
  • 摩擦係数は比較的高く、かつ安定しております。その摩擦係数は0.25~0.70の中から選定できます。
  • 耐摩性が優れ、寿命は、他の摩擦材料に比べ3倍以上であります。
  • 相手材の摩耗量は、他材料に比べ1/3~1/10となります。また熱伝導がよいため、相手材の熱割れや熱焼けを起こしにくい。
  • 耐熱性が非常に優れ、800~1000℃の高温でも使用できます。(レジンは300℃前後で炭化します。)
  • フェード現象はほとんどありません。
  • 熱容量を大きく取れるので、ブレーキやクラッチがコンパクトに設計できます。
  • ドライ・ウェット時の使用条件での摩擦係数の変動がありません。

鉄道車両用部品の他にこんな製品も取り扱っています

航空機用ブレーキ部品
航空機用ブレーキ部品
バギー車用ブレーキ部品
バギー車用ブレーキ部品
2輪車用ブレーキ部品
2輪車用ブレーキ部品
自動車用クラッチフェーシング
自動車用クラッチフェーシング
精度の徹底的追求を経て製品ができるまで
金属粉の混合・成形・焼結など、主な製造の流れをご紹介します。

こんなところにもファインシンターの技術!

知りたい!粉末冶金製品

生活のあらゆるところで粉末冶金製品が使われています。

油圧機器製品

採用情報

ファインシンターは、
「粉末冶金におけるリーディングカンパニー」としてグローバル競争に勝ち抜くために魅力的な人材を探しています。

粉末冶金を学ぶ
粉末冶金講座

展示会情報