製品情報[粉末冶金]

  1. ホーム
  2. 製品情報
  3. 材質特性別製品

材質特性別製品

工業会・協会について | 当社の技術は協会・工業会から多数表彰されています!

ニーズを先取りする技術スタッフが、すべてのパワーを終結して製品企画段階から参画します。お客様に満足していただける製品を、タイムリーかつリーズナブルなコストで開発・生産しています。

粉末冶金製品の特徴

  • 省資源・省工程

    金属粉から直接成形するので、高精度でしかも切削加工の省略ができ、低コストで短期間に量産できます。

  • 高強度

    材料の混合・成形・焼結条件および後処理などの選定により、高強度部品の製造が可能です。

  • 部品の複合化

    ギヤとカム、カムとカムおよびギヤとギヤなどの一体成形が可能なため、2~3個の部品の複合化ができます。

  • 自己潤滑性

    一般に焼結材料は、適度な含油孔が得られるため、軸受および機械部品などとして優れた特性を発揮します。

  • 材料特性の複合化

    鉄・銅・黒鉛およびセラミックスなどの異なった特性の材料を複合化することが可能なため、耐熱性・耐摩耗性および摺動などに特性の良い材料が得られます。

摺動部品のご紹介

摺動部品は粉末冶金の特長を活かした複合材料製品で、ファインシンターが得意とする分野です。

エンジン用部品
エンジン用部品
エンジン用部品では、耐熱性、耐摩耗性や耐食性が必要とされるバルブシートやバルブガイドを生産しています。バルブシートは燃費向上、排出ガス規制対策などの目的で希薄燃焼方式が採用されるなど、その使用条件がますます過酷なものになってきていますが、新材料の開発によりその要求をクリアしています。また、チタンバルブは粉末冶金の特長を活かし、溶製材では実現困難な配合組成とすることにより、高強度、高剛性、高耐摩耗性、耐熱性に優れた材料を開発し、自動車エンジン用バルブとして採用されています。
ショックアブソーバ用部品
ショックアブソーバ用部品
4輪車、2輪車用ショックアブソーバ用部品では、その重要構成部品であるピストン、バルブケース、ロッドガイドを生産しています。
ピストン専用材料の開発、高精度シート面を有したピストン、ベースバルブの製造、低フリクション化の樹脂巻きピストンの開発・製造によりショックアブソーバの減衰力安定化をはかり、操縦安定性、乗り心地の向上に貢献しています。
シンクロナイザーリング
シンクロナイザーリング
シンクロナイザーリングは、熱処理なしで引張り強さ900MPa以上を達成するシンターハードニング材と新たに開発した焼結摩擦材料を二層一体化した製品です。粉末冶金の特長を最大限に活用してファインシンターが世界で初めて焼結化に成功しました。

自動車用部品のご案内

高強度部品
高強度部品
材料性能向上や材料の高密度化によって、高強度部位での使用を実現しました。また、後処理を施すことにより、さらなる高強度分野での使用も可能です。
焼結軟磁性部品
焼結軟磁性部品
従来磁性特性を生かすうえで困難であった複雑形状を粉末冶金技術により実現しました。純鉄材からSUS系、リン系、パーマロイ系などの材料を、要求特性に応じて、自由に調整できます。
圧粉軟磁性材部品
圧粉軟磁性材部品
絶縁被膜圧粉を用いることで、磁気回路の3次元設計が可能になり、体格削減・低コスト化でモータ・磁気センサーとして使用されています。
耐熱製品
耐熱製品
高温環境で使用されるターボチャージャ部品には、ステンレス材料が採用されています。難削材であるステンレスを、ネットシェイプ成形技術やMIM工法を用いて原価削減に貢献しています。
軸受製品
軸受製品
軸受け製品には、粉末冶金の多孔性を利用し、気孔に潤滑油を含浸させた含油軸受や、組成に固体潤滑材を配合することにより、無給油で自己潤滑性を持たせたドライ軸受などがあり、摩擦係数を低下させ摩耗を減少させることができます。
耐摩耗製品
耐摩耗製品
新幹線や2輪車用のブレーキライニング、自動車や建設機械用のクラッチを生産しています。他の材料に比べ耐摩耗性、耐熱性が高く、摩擦係数が安定しています。また、熱伝導性が良く熱負荷を軽減できます。
集電製品
集電製品
電車の集電用すり板として生産しています。固有抵抗・接触抵抗が低いため電力損失を低減でき、耐摩耗・耐アーク性が高く、相手材である架線への攻撃性が低い特長があります。
一般機械構成部品
一般機械構成部品
鉄系、銅系、ステンレス系、特殊材料系で複雑・高精度な製品は当社の豊富なノウハウ・高度な技術・厳密な品質管理のもとで生産されています。設計段階から軽量化・低コスト化を追求した製品群は、お客様の生産性向上・コストダウンに大きく貢献し、自動車用機械部品をはじめ一般産業用機械部品などに、幅広く採用されています。
精度の徹底的追求を経て製品ができるまで
金属粉の混合・成形・焼結など、主な製造の流れをご紹介します。

こんなところにもファインシンターの技術!

知りたい!粉末冶金製品

生活のあらゆるところで粉末冶金製品が使われています。

油圧機器製品

採用情報

ファインシンターは、
「粉末冶金におけるリーディングカンパニー」としてグローバル競争に勝ち抜くために魅力的な人材を探しています。

粉末冶金を学ぶ
粉末冶金講座

展示会情報