会社情報

  1. ホーム
  2. 会社情報
  3. 沿革

沿革

株式会社ファインシンターの沿革

2002年
平成14年
  • 東京焼結金属株式会社と日本粉末合金株式会社が合併し「株式会社ファインシンター」が発足
  • 絶縁被覆鉄粉を用いたEPS用トルクセンサー部品の生産を開始
2003年
平成15年
  • 全社で ISO14001の認証を取得
  • 温間金型潤滑成形による高強度エンジンスプロケットの生産を開始
2004年
平成16年
  • 全社でISO9001の認証を取得
  • 中国江蘇省無錫市に合弁会社 精密焼結合金(無錫)有限公司を設立
2005年
平成17年
焼結アームの生産を開始
2008年
平成20年
愛知県春日井市明知町に新本社棟が完成し、本社および技術部門を移転
2009年
平成21年
ISO/TS16949 の認証を取得
2010年
平成22年
SA革新ラインを滋賀工場へ移設し量産を開始
2012年
平成24年
インドネシアに合弁会社 PT. Fine Sinter Indonesia を設立
2017年
平成29年
名古屋証券取引所市場第二部に株式を上場

旧東京焼結金属株式会社・旧日本粉末合金株式会社の沿革

  旧東京焼結金属株式会社 旧日本粉末合金株式会社
1947年
昭和22年
京都市山科区に日本粉末合金株式会社を設立
1950年
昭和25年
東京都板橋区に東京焼結金属株式会社を設立
1951年
昭和26年
国鉄(現JRグループ)向けパンタグラフ用すり板の生産を開始
1958年
昭和33年
自動車用ショックアブソーバー部品の生産を開始
1960年
昭和35年
愛知県春日井市に春日井工場を開設
1962年
昭和37年
東京証券取引所市場第二部に株式を上場
1967年
昭和42年
埼玉県川越市に川越工場を開設
1968年
昭和43年
新幹線用ブレーキライニングの生産を開始
1971年
昭和46年
焼結ベントの生産を開始自動車エンジン用バルブシートの生産を開始
1973年
昭和48年
滋賀県愛荘町に滋賀工場を開設
1976年
昭和51年
トヨタ生産方式(TPS)を導入
1979年
昭和54年
油圧パワーステアリング用ポンプ部品の生産を開始
1982年
昭和57年
二輪用ブレーキパッドの生産を開始
1983年
昭和58年
自動車用トランスミッション部品の生産を開始
1985年
昭和60年
ショックアブソーバー用ピストンの樹脂巻き生産を開始
1990年
平成2年
  • 電動パワーステアリング(EPS)用センサー部品の生産を開始
  • 岩手県奥州市に東北焼結金属株式会社(現ファインシンター東北株式会社)を設立
1995年
平成7年
ABSセンサー用部品の生産を開始
1996年
平成8年
タイに合弁会社 Thai Fine Sinter Co., Ltd. を設立
1998年
平成10年
自動車エンジン用チタンバルブビレットの生産を開始
2000年
平成12年
トヨタ自動車・東京焼結金属・日本粉末合金の3社共同で技術開発センターを開設
2000年
平成12年
MIM部品の生産を開始
2001年
平成13年
米国に合弁会社 American Fine Sinter Co., Ltd. を設立
2002年
平成14年
モーターコアの生産を開始
精度の徹底的追求を経て製品ができるまで
金属粉の混合・成形・焼結など、主な製造の流れをご紹介します。

こんなところにもファインシンターの技術!

知りたい!粉末冶金製品

生活のあらゆるところで粉末冶金製品が使われています。

油圧機器製品

採用情報

ファインシンターは、
「粉末冶金におけるリーディングカンパニー」としてグローバル競争に勝ち抜くために魅力的な人材を探しています。

粉末冶金を学ぶ
粉末冶金講座

展示会情報